お知らせ

年頭の御挨拶

年頭の御挨拶

 

一般財団法人 山口県老人クラブ連合会

  会 長   西 川  三 代 子

 

 明けましておめでとうございます。謹んで初春のお慶びを申し上げます。

 また、日頃から、本会事業の推進に御理解と御支援を賜り厚くお礼申し上げます。

 

 さて、昨年、会員増強運動の推進や新地域支援事業への参画推進等に取り組んでまいりましたが、その中でも各地域の老人クラブ活動を担うリーダーを養成するため「老人クラブ活動推進リーダー養成講座」を開催しました。

 

 また、新規事業として、これから定年を迎える方が地域活動に関心を持ち参加するよう働きかける人材を養成するため「生きがいづくりコーディネーター養成研修会」を開催しました。

 

 それぞれの修了者の皆様には、心からお祝い申し上げますとともに、今年から、地域における助け合い活動の活性化や、老人クラブ会員の加入促進のキーマンとして、各地で活躍されることと期待しております。

 さらに、老人クラブが行う事業(活動)が、高齢者の住宅生活を支える「新地域支援事業」として認められるよう、一緒に頑張っていきましょう。

 

 ところで、昨年12月に開催された「第47回全国老人クラブ大会in沖縄」においては、演じる活動部会に本県で初めて宇部市の「『伝統・復活』健康民踊教室」と山口市の「仁保長寿会」の2団体が「チーム山口」として出演しました。出演者が稽古を重ね、「チーム山口」は発表全体のまとまった構成と美しい踊りに高い評価をいただき、みごと銀賞を収めました。

 

 この成果を生かし、舞踊やダンス、コーラス、演劇、伝統芸能などの活動促進により一層取り組み、生きがいづくりや健康づくり、仲間づくり、地域づくりの一環として、高齢者が活躍できる地域社会の実現をめざします。

 

 最後になりましたが、会員の皆様には、県老連事業へのご支援とご協力をお願いいたしますとともに、皆様の益々のご活躍とご健勝、ご多幸をお祈り申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

 

平成31年 元旦

 

 

«