お知らせ

年頭の御挨拶

一般財団法人 山口県老人クラブ連合会

  会 長   平  田     武

 

 明けましておめでとうございます。謹んで初春のお慶びを申し上げます。

 また、日頃から、本会事業の推進にご理解とご支援を賜り厚くお礼申し上げます。

 

 さて、平成26年度から平成30年度までの5か年計画で、全国の老人クラブが総力を結集して取り組んだ「全国100万人会員増強運動」において、本会では、「山口県1万人会員増強運動」を推進してまいりました。

 その結果、県全体としては、会員減少に歯止めがかかっていない状況ですが、会員増を果たした市町老連も徐々に増えています。

 

 こうした老人クラブをめぐる状況を踏まえ、これからの老人クラブ活動を担う若手リーダーを発掘、養成するとともに、若手ならではの活動を検討し、老人クラブ活動のより一層の魅力アップと発信を図るため、平成31年4月より山口県老人クラブ連合会若手委員会を設置いたしました。

 

 また、これまで老人クラブが取り組んできた友愛活動や健康づくりの実践力を生かして介護予防・日常生活支援総合事業に参画できるよう『地域支援担い手養成講座』を開催しました。全2回、3会場の日程で、計123人に受講いただき、その内61人が『老人クラブ活動推進リーダー』として講座を修了されました。修了者の皆様には、心からお祝い申し上げますとともに、皆様の御苦労と御精進を讃え、心から敬意を表する次第であります。

 来年度も本講座を開催する予定としておりますので、次回もたくさんの方々の御受講をお待ちしております。

 

 結びに、会員の皆様には、県老連事業へのご支援とご協力をお願いいたしますとともに、皆様の益々のご活躍とご健勝、ご多幸をお祈り申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

 

令和2年 元旦

«